過労死防止大阪センター

メディア報道・プレスリリース

「仕事疲れ」自殺 再び増 遺族 消えぬ自責の念 30〜40代多く

2015.05.21 「仕事疲れ」自殺 再び増 遺族 消えぬ自責の念 30〜40代多く 読売新聞 大阪夕刊  夕社会  11頁  1698字  05段 ◆昨年685人 過労が理由とみられる自殺が増えている。警察庁の統計で「仕事疲れ」による自殺者は2012、13年と2年連続で減少したが、昨年は増加に転じ685人(前年比36人増)に上った。昨年11月施行の「過労死等防止対策推進法」に基づき、国は自殺を含む過労死の実態調査などを行うが、遺族や弁護士らも各地で市民団体を作って、労働者の相談を受けたり、大…

続きを読む